スマホ最新ニュース

iPhoneシリーズの歴史、ガチ調査してみた

更新日:

初めてのiPhoneが発売されたのは何年前か知ってる?
ペンギン君
太郎
うーん、5年前くらい?
初めてiPhoneが発売されたのは今から約10年前の2007年だよ
ペンギン君
iPhoneを発表するステーブ・ジョブスのプレゼンは痺れたよね!
ペンギン君

この記事ではそんな進化をし続けるiPhoneの歴史を振り返っていくよ!
ペンギン君

主要iPhone歴代シリーズ

2007年iPhoneの発表会で故ステーブジョブスの名言

「Today Apple is going to reinvents the phone」

直訳すると「今日、私たちは電話を再発明しました」から始まったプレゼン。

あれから11年後の2018年、私たちの日常生活にiPhoneは欠かせないものになりました。

iPhone(初代) 2007年

出典:Q-00005さんがアップロード

iPhone(初代)
薄さ 11.6mm
重さ 135g
ディスプレイ  3.5インチ
容量 4,8,16GB
メモリ 128MB
カメラ 2.0MP

 

2007年1月に発表された初代iPhone。

キャッチコピー「Apple reinvents the phone

当時の評判はビミョーで「こんなもの売れるわけねーよ」という批判が集まりました。

しかし、蓋を開けてみると初代iPhoneは610万台ものスマッシュヒットを記録しました。
(日本では初代iPhoneは販売されていない)

今では当たり前のタッチスクリーンもこの時は斬新なアイデアで人々を驚かせました。

iPhone3G 2008年

出典:Q-00005さんがアップロード

iPhone3G 
薄さ 12.3mm
重さ 133g
ディスプレイ  3.5インチ
容量 8,16GB
メモリ 128MB
カメラ 2.0MP

2008年7月発表

キャッチコピー「みんなが待っていたiPhone、ついに登場。

初代iPhoneは米国限定発売だったのに対し、iPhone3Gは米国、日本を含む世界22カ国で発売

太郎
名前に入っている「3G」はなんの意味?
「3Gネットワーク」対応という意味で語尾に「3G」をつけたんだよ
ペンギン君

また、アプリを配信するみなさんご存知の「App Store」に初めて対応したのがiPhone3G。

「App store」で便利なアプリをインストールして、スマートフォンの機能を拡張するという今では当たり前の考え方が初めて生まれました。

iPhone4 2010年

出典:Q-00005さんがアップロード

iPhone4
薄さ 9.3mm
重さ 137g
ディスプレイ  3.5インチ
容量 8,16,32GB
メモリ 512MB
カメラ 5.0MP

20010年6月発表

キャッチコピー「全てを変えていきます。もう一度

私ごとで恐縮ですが、管理人が初めて購入したiPhoneがこちらになります。

友達に自慢したくて、わざと人前でiPhone4でメールしてたのを昨日のことのように思い出します(笑)

メインカメラが5MP、LEDフラッシュ付き、HDビデオ対応と前シリーズから大幅に性能がアップしています。キャッチコピー通り全ての機能がグレードアップしました。

さらにiPhone4からインカメラが搭載。セルフィー文化はここから始まったのですね!(笑)

薄さ9.3mmとスリムなボディを実現。スタイリッシュなiPhoneイメージを確立させました。

iPhone5 2012年

出典:Q-00005さんがアップロード

iPhone5
薄さ 7.6mm
重さ 112g
ディスプレイ  4インチ
容量 16,32,64GB
メモリ 1GB
カメラ 8.0MP

20012年9月発表

キャッチコピー「iPhoneの誕生以来、最も大きな驚きを

iPhone5では初の4インチディスプレイを採用。縦長の見た目は発売当初話題になりました。

iPhone5最大の特徴は、当時の最先端通信規格であった「LTE回線」対応可能になったことです。

当時の通信規格は3Gが一般的でしたが、より高速な「LTE回線」を使用することによりストレスフリーな通信を実現させました。

iPhone6 & 6Plus 2014年

 

出典:Q-00005さんがアップロード

iPhone6 & 6s
薄さ 7.1mm 7.3mm
重さ 143g 192g
ディスプレイ  4.7インチ 5.5インチ
容量 16,64,128GB
メモリ 1GB
カメラ 8.0MP

20014年9月発表

キャッチコピー「大きさ以上に大きく進化

故ステーブジョブスがこだわった手のひらサイズ。そのこだわりをぶち破ってサイズの大型化を実現。

当初は大型化に疑問の声が多かったのですが、iPhone 6 Plus発売以降iPhoneはさらに売上を伸ばすという結果に。

当時のトレンドであった、スマホとタブレットの中間サイズファブレットブームにうまく乗ることができました。

また、キャリアアグリゲーションやVoLTE対応が可能になり、よりインターネットを快適に活用することができるようになりました。

iPhone7&7Plus 2016年

出典:Q-00005さんがアップロード

iPhone7 & 7s
薄さ 7.1mm 7.3mm
重さ 138g 188g
ディスプレイ  4.7インチ 5.5インチ
容量 32,128,256GB
メモリ 2GB 3GB
カメラ 12.0MP

20016年9月発表

キャッチコピー「これが7。

iPhone7では防水機能を搭載。

ペンギン君
お風呂でもiPhoneが使えるのは嬉しいね!

日本国内でも「Apple pay」(アップルペイ)が利用可能になったのもiPhone7以降です。

またモバイルSuicaとして駅の自動改札を通ったり、各種クレジットカードを登録して「お財布スマホ」として活用することも実現。

ペンギン君
「お財布スマホ」の登場以降、最近ではお財布から現金を出す機会も大幅に減りましたね!

iPhone8 & 8Plus 2017年

 出典:Q-00005さんがアップロード

iPhone8 & 8s
薄さ 7.3mm 7.5mm
重さ 148g 202g
ディスプレイ  4.7インチ 5.5インチ
容量 64GB 256GB
メモリ 2GB 3GB
カメラ 12.0MP

20017年9月発表

キャッチコピー「次世代のiPhone。

10周年モデルのiPhoneXと同時発表だったiPhone8。

iPhone4s以来の背面ガラスモデルを採用。

iPhoneをポロリと落とすと背面ガラスがバリバリに割れてしまうという欠点も露呈.......

iPhoneの最大の特徴は「ワイヤレス充電」が可能になった点ではないでしょうか。

専用充電パットの上に乗せるだけで充電が可能に!

しかし充電するにはパッドの上に乗せる必要があるので、ベッドでゴロゴロしながらスマホをいじれないのが個人的には欠点です(笑)

iPhoneX 2017年

出典:Q-00005さんがアップロード

iPhoneX
薄さ 7.7mm
重さ 174g
ディスプレイ 5.8インチ
容量 64,256GB
メモリ 3GB
カメラ 12.0MP

20017年11月発表

キャッチコピー「未来をその手に

記念すべきiPhone10周年モデル。

iPhoneXでは「全面フルスクリーン」を採用。

しかし上のインカメラ周りの形状がダサいという声がチラホラ......

iPhoneXでは顔で個人を判断する「FaceID」が採用されました。

この「FaceID」は機械学習が搭載されています。(今風に言えばAI)

ペンギン君
日々人の顔は変化します。それをカバーする為にiPhoneXに搭載されている機械学習により日々の顔の変化を学習させるのです。

まとめ

今回、iPhone進化の歴史を調査してみたのですが。

一言でまとめると「凄い勢いで進化をし続けている」です(笑)

iPhone初期のメモリは128MBでしたが、最新のiPhoneXのメモリは3GB。

3000MB/128MBなのでその差なんと約25倍!

たった10年で約25倍もの進化をしたのか!と思うとすごいですよねー

2020年には次世代型移動通信「5G」も確実視されています。

未来のiPhoneはどのような進化を続けるのかワクワクして待ってます!

ペンギン君
最後まで読んでくれてありがとうね!
もしよかったらSNSシェアもよろしね!

 

画像出典:iPhone 歴代シリーズデザインまとめ / Naverまとめ

参考サイト: https://iphone-mania.jp/news-150883/ https://iphone-mania.jp/news-150884/

 

管理人オススメ格安SIMランキング

UQモバイル

UQモバイル

3姉妹のCMでおなじみ格安スマホ!UQmobileのぴったりプランなら、無料通話もネットもコミコミで1,980円/月~※1年間 新しいスマホもお得に購入できます! 「家族割」を利用すれば2台目以降(新規ご契約の場合)は1,480円/月~※1年間 今なら紹介キャンペーンも行っておりますので是非ご参加ください。

mineo

mineo

mineoは顧客総合満足度やiPhone利用者シェア第1位!他にも多くの賞を受賞しています!mineoならあなたのスマホのままで使える!データ容量は500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBをご用意!

LINEモバイル

LINEモバイル

管理人も絶賛使用中のLINEモバイル。特定のサービスの通信量をカウントしない「カウントフリー」や、LINEにトーク上でデータ残量を確認したり、LINEの友達にデータプレゼントすることも可能です。さらにLINEモバイルならLINEの年齢認証も可能です。

-スマホ最新ニュース
-

Copyright© オトクスマホ , 2018 All Rights Reserved.